株式会社ステラ・メディックス エビデンス ウェブサイト

株式会社ステラ・メディックスが医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの論文情報を収集します

「精神疾患を合併した、或いは合併の可能性のある妊産婦の診療ガイド」を日本精神神経学会が公開

「精神疾患を合併した、或いは合併の可能性のある妊産婦の診療ガイド」を日本精神神経学会が公開している。 「精神疾患を合併するハイリスク妊産婦への対応だけではなく、精神疾患の予防、早期発見・早期治療、さらに自殺予防にむけた取り組みなどを紹介」と…

大規模医療センターでのコロナワクチン接種の課題についての研究

大規模医療センターでのコロナワクチン接種の課題についての研究が報告されている。 大規模病院の薬剤部が行った主要な戦略について説明している。米国疾病対策テンター(CDC)、米国食品医薬品局(FDA)、ワシントンDCの保健省(DC-DOH)の規制を含む連邦お…

新型コロナウイルスのヒト宿主細胞への侵入を阻害する可能性のある化合物を提案するための、furinおよびTMPRSS2のタンパク質分解部位を標的としたバーチャルスクリーニングについての研究

新型コロナウイルスのヒト宿主細胞への侵入を阻害する可能性のある化合物を提案するための、furinおよびTMPRSS2のタンパク質分解部位を標的としたバーチャルスクリーニングについての研究が報告されている。宿主プロテアーゼのfurinおよびTMPRSS2とウイルス…

新型コロナウイルスのメーンプロテアーゼのマルチコンフォメーションから、薬剤リパーパスの有望候補を特定する研究

新型コロナウイルスのメーンプロテアーゼのマルチコンフォメーションから、薬剤リパーパスの有望候補を特定する研究が報告されている。メーンプロテアーゼ(Mpro)はコロナウイルスの複製に重要な役割を果たし有望な創薬ターゲットと説明。結晶学的に同定さ…

新型コロナウイルスのメインプロテアーゼに高い親和性を持つペプチドのバーチャルスクリーニングについての研究

新型コロナウイルスのメインプロテアーゼに高い親和性を持つペプチドのバーチャルスクリーニングについての研究が報告されている。7万以上のペプチドからスクリーニング。ヒトのプロテアーゼよりもMproへの親和性が高い2つの潜在的なペプチド(HHYWHおよびHY…

天然物から新型コロナウイルスに対する薬剤候補を探索する計算科学による研究

天然物から新型コロナウイルスに対する薬剤候補を探索する計算科学による研究が報告されている。メーンプロテアーゼ(Mpro)に対して有効性を持つ可能性のある薬剤候補を5万3500以上の生物活性天然物から計算機によりスクリーニング。上位3つの分子(C000148…

ヒドロキシクロロキンおよびロピナビル/リトナビルは新型コロナウイルス感染症に無効と示したブラジルの研究

ヒドロキシクロロキンおよびロピナビル/リトナビルは新型コロナウイルス感染症に無効と示したブラジルの研究が報告された。2020年6月2日~9月30日に感染による呼吸器症状があると診断された成人を登録。ランダム化比較試験で実施するものの、主要アウトカム…

英国型バリアントが、初期株のスパイクタンパク質に基づいて作られたワクチンによって中和できるかを検証した研究

英国型バリアントが、初期株のスパイクタンパク質に基づいて作られたワクチンによって中和できるかを検証した研究が報告されている。現在のワクチンは、初期株のスパイクタンパク質によって作られていると説明。スパイクタンパク質の変異に対する効果がある…

新型コロナウイルスの構造的、機能的生物学的な特徴からの対抗措置についての総説

新型コロナウイルスの構造的、機能的生物学的な特徴からの対抗措置についての総説が報告されている。新型コロナウイルスのライフサイクルにおけるキータンパク質として、スパイクタンパク質(Spike)、アンジオテンシン変換酵素2(ACE2)、2型膜貫通型セリン…

CD4+およびCD8+T細胞反応性に対する反応性にはバリアントの影響はわずかとする研究

CD4+およびCD8+T細胞反応性に対する反応性にはバリアントの影響はわずかとする研究が報告されている。回復者やワクチン接種者のT細胞の反応性を調べたところ、変異による影響はないと確認。B.1.1.7、B.1.351、P.1、CAL.20Cというバリアントを、初期の株と比…

ワクチン接種者にも新型コロナウイルスのバリアントが感染する事例の報告

新型コロナウイルスのバリアントがワクチン接種者にも感染する事例が報告されている。BNT162b2(Pfizer-BioNTech社)またはmRNA-1273(Moderna社)ワクチンの2回目の接種を2週間以上前に受けた417人のコホートを対象に検証。ワクチン接種をしているにもかか…

既存のトランスクリプトームデータから重症の新型コロナウイルス感染症におけるデキサメタゾン療法の分子メカニズムを推察した研究

既存のトランスクリプトームデータから重症の新型コロナウイルス感染症におけるデキサメタゾン療法の分子メカニズムを推察した研究が報告されている。重症の新型コロナウイルス感染症の患者の肺や免疫細胞、およびデキサメタゾン投与を受けた細胞の遺伝子発…

英国型、南アフリカ型バリアントの中和抗体に対する感受性についての研究

英国型、南アフリカ型バリアントの中和抗体に対する感受性についての研究が報告されている。B.1.1.7とB.1.351は、それぞれ英国と南アフリカで最初に確認され、その後多くの国で流行。過去に感染した人やワクチン接種者の血清や鼻腔ぬぐい液の中和抗体に対す…

ファビピラビルの安全性や有効性を軽症から重症の新型コロナウイルス感染症の患者でのデータを遡って検証した研究

ファビピラビルの安全性や有効性を軽症から重症の新型コロナウイルス感染症の患者でのデータを遡って検証した研究が報告されている。サウジアラビアの2カ所の病院で実施。データを遡って、ファビピラビル投与を行った場合に、支持療法と比べて利益があったの…

新型コロナウイルスの歴史、メカニズム、感染、構造研究、治療法についてのシステマティックレビューおよびメタデータ解析

新型コロナウイルスの歴史、メカニズム、感染、構造研究、治療法についてのシステマティックレビューおよびメタデータ解析が報告されている。コロナウイルスは種の壁を越えてヒトに感染。感染率は近縁種であるSARS-CoV感染症と比べて高いと説明。スパイクタ…