株式会社ステラ・メディックス エビデンス ウェブサイト

株式会社ステラ・メディックスが医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの論文情報を収集します

新型コロナウイルス感染症に対するmRNA-1273 ワクチン接種後の応答の持続についての報告

新型コロナウイルス感染症に対するmRNA-1273 ワクチン接種後の応答の持続についての報告が掲載されている。119日目の時点で結合抗体および中和抗体は保たれる結果に。 2021年1月米国コメント。 Widge AT, Rouphael NG, Jackson LA, Anderson EJ, Roberts PC,…

高齢者における重症新型コロナウイルス感染症予防のための早期高力価血漿療法についての研究

高齢者における重症新型コロナウイルス感染症予防のための早期高力価血漿療法についての研究が報告されている。 合計160人が無作為に2つのグループに。重篤な呼吸器疾患が生じたのは、治療群では80人中13人(16%)、プラセボ投与群では80人中25人(31%)。…

新型コロナウイルスに対する「ChAdOx1 nCoV-19ワクチン(AZD1222)」の臨床試験中間報告

新型コロナウイルスに対する「ChAdOx1 nCoV-19ワクチン(AZD1222)」の臨床試験中間報告が報告されている。オックスフォード大学とアストラゼネカの開発ワクチン。 2020年4月23日から11月4日までの間に2万3848人の参加者が登録。1万1636人(英国7548人、ブラ…

「新型コロナウイルス感染症に関する注意喚起 もし発熱などの症状が出たら直ぐに受診中の医療機関にご連絡ください!」として、日本医学会連合と日本医学会が声明

「新型コロナウイルス感染症に関する注意喚起 もし発熱などの症状が出たら直ぐに受診中の医療機関にご連絡ください!」として、日本医学会連合と日本医学会が声明を発表した。 「高齢者や基礎疾患(慢性閉塞性肺疾患・慢性腎臓病・糖尿病・高血圧・脳心血管…

「感染症法等の改正に関する緊急声明」を、日本医学会連合が2021年1月14日に発表

「感染症法等の改正に関する緊急声明」を、日本医学会連合が2021年1月14日に発表した。 「新型コロナウイルス感染症の患者・感染者が入院措置に反したり、積極的疫学調査・検査を拒否したりした場合などには刑事罰や罰則を科す」とされていますと紹介した上…

日本公衆衛生学会と日本疫学会が「感染症法改正議論に関する声明」発表、結核やハンセン病、性感染症など歴史を踏まえ問題点を指摘

日本公衆衛生学会と日本疫学会が感染症法改正議論に関する声明を2021年1月14日に発表。「結核やハンセン病には著しい人権侵害が行われてきたという歴史」などを挙げて、新型コロナウイルス感染症の入院拒否などに罰則を科す改正案の問題点を指摘している。 …

汎欧州的なコミットメントを求めるとするコメント

汎欧州的なコミットメントを求めるとするコメントが掲載された。 欧州全体の共通した中長期的な目標を設けて、症例数の低減を達成して保っていくよう求めるもの。 その理由として、生命が保護されること。雇用と経済を救うこと。感染拡大の抑制が容易になる…

日本救急医学会は、「新型コロナウイルス感染症蔓延下における救命救急センターに対する臓器提供の実態調査」結果報告書を公開

日本救急医学会は、「新型コロナウイルス感染症蔓延下における救命救急センターに対する臓器提供の実態調査」結果報告書を公開した。 www.jaam.jp 新型コロナウイルス感染症

南米では抑制されているウルグアイにおける新型コロナウイルスの特徴に関する報告

南米では抑制されているウルグアイにおける新型コロナウイルスの特徴に関する報告。 致死的転帰は、動脈性高血圧、腎不全、ICU入院と有意な相関があったが、スパイクD614G変異のような構造的および非構造的タンパク質の変異とは有意な相関はなかったなどと説…

日本看護協会は「看護の日・看護週間」制定30周年記念の連続ミニドラマ第15回を公開

日本看護協会は「看護の日・看護週間」制定30周年記念の連続ミニドラマ第15回を公開した。 同協会は10月4日に「Memories~看護師たちの物語~」と題した連続ミニドラマの放映を開始している。 今回は次のような内容になっている。 5年後、訪問看護師として末…

TNF-αとIFN-γの相乗効果で新型コロナウイルス感染症とサイトカインショック症候群での炎症性細胞死、組織損傷、死亡が誘発されると示す研究

TNF-αとIFN-γの相乗効果で新型コロナウイルス感染症とサイトカインショック症候群での炎症性細胞死、組織損傷、死亡が誘発されると示す研究が報告されている。 新型コロナウイルス感染症の特徴は、複数のサイトカインの過剰な産生。そこでサイトカインの影響…

新型コロナウイルス感染症の急増に見舞われているスウェーデンの状況についての見解

新型コロナウイルス感染症の急増に見舞われているスウェーデンの状況についての見解が報告されている。 スウェーデンでは、北欧諸国の4~10倍の水準の死亡者を出しており、国の文化や人口規模、密度、移民のパターン、ウイルスの移入経路、症例や死亡の報告…

新型コロナウイルスの免疫疫学と病態生理についての報告(2020年8月)

新型コロナウイルスの免疫疫学と病態生理についての報告。 ウイルスの系統、系統群の違いに関連して、感染パターンや病原性が変わると明らかになってきたと指摘。マクロファージが炎症を抑制し、SARS-CoV-2の発症を促進する上で重要な役割を果たすと説明。リ…

無症状感染者の実態を中国の武漢などで調べた研究

無症状感染者の実態を中国の武漢などで調べた研究が報告されている。 武漢市を中心とした中国各地の健常者6万3107人を調査。新型コロナウイルスの血清有病率を分析。地理的地域、年齢、性別、検出時期と相関関係を分析している。 武漢市(1.68%)、中国のそ…

新型コロナウイルスのポリタンパク質pp1abに特徴的な42個のアミノ酸を確認した研究(2020年6月)

新型コロナウイルスのポリタンパク質pp1abに特徴的な42個のアミノ酸を確認した研究(2020年6月)。ほとんどの分離株で変化していないのがポリプロテイン1ab(pp1ab)。分割されて16の成熟nsp(非構造タンパク質)となる。国際的に分離株を調べると、病原性の…