株式会社ステラ・メディックス エビデンス ウェブサイト

株式会社ステラ・メディックスが医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの論文情報を収集します

5分以内で新型コロナウイルス検査を可能にする「RTF-EXPAR」

5分以内で新型コロナウイルス検査を可能にする「RTF-EXPAR」が報告されている。 1ステップで、逆転写酵素を使わずに、ウイルスのRNAを増幅する技術。新型コロナウイルス感染症の検査で行われているRT-PCRは、RNAをいったんDNAに逆転写してから増幅して検出す…

IoTベースのスマートホームのためのサイバー・物理セキュリティ脆弱性評価についての総説(2018年)

IoTベースのスマートホームのためのサイバー・物理セキュリティ脆弱性評価についての総説が報告されている。 「IoT(Internet of Things:モノのインターネット)」の登場で、物がインターネットに接続されて、ユーザーの利便性や効率性を高められると考えら…

高齢者のためのスマートな住宅環境についての総説

高齢者のためのスマートな住宅環境についての総説が報告されている。 スマートホームに関する研究について分析したところ、ユーザビリティ、物理的体験のモニタリング、エネルギー効率のシミュレーションなどの実用的な要素に焦点が当てられている傾向がある…

高齢化社会のための技術「スマートホーム」についての総説(2008年総説)

高齢化社会のための技術「スマートホーム」についての総説が2008年に報告されている。 健康関連のスマートホームについての研究を分析。関連分野を整理している。その分類とは、生理学的モニタリング(血圧、心拍、呼吸、体温、体重など)、機能的モニタリン…

ウェアラブル・アクティビティ・トラッカーによる外出自粛のモニタリングについての研究

ウェアラブル・アクティビティ・トラッカーによる外出自粛のモニタリングについての研究が報告されている。 外出自粛を行った国々で平均歩数を分析。全面的な外出自粛を行うことで1日の歩数は平均25%~54%。部分的な外出自粛(学校閉鎖、バーやレストラン…

障害者の技術利用と差別との関係について指摘する研究(2014年)

障害者の技術利用と差別との関係について指摘する研究が2014年に報告されている。 障害者が技術を利用することで、生活支援などにつながる一方で、障害者差別の影響により技術の利用のために無力な状態に取り残される層が生まれる可能性があると指摘する。批…

患者生成健康データと電子カルテデータを統合した高血圧管理の研究

患者生成健康データと電子カルテデータを統合した高血圧管理の研究が報告されている。 EMPOWER-H(Engaging and Motivating Patients Online With Enhanced Resources-Hypertension)というウェブベースの疾患管理システム。医師と患者が相互にやりとりでき…

住み慣れた場所で老いることを支援する技術の研究

住み慣れた場所で老いることを支援する技術の研究が報告されている。 10人の高齢者を対象として、それぞれが自認する非公式な支援ネットワークの31人に半構造化インタビューを実施。住み慣れた場所で老いることを支援する技術、情報ニーズについて分析してい…

在宅ケアで薬剤関連の問題を管理するためのモバイル機器「eHOME」の開発についての研究

在宅ケアで薬剤関連の問題を管理するためのモバイル機器「eHOME」の開発についての研究が報告されている。 介護士、一般医、薬剤師などの情報提供者のほか、開発者らとプロセス全体に関与し、システム改善。ウェブページを介して、薬剤関連の問題をデジタル…

認知症の自宅滞在を支えるコネクティッドヘルスについての研究

認知症の自宅滞在を支えるコネクティッドヘルスについての研究が報告されている。 コネクティッドヘルスは、自宅をすごす人の健康を保つために、関係者がつながり、情報の共有が継続された状態とする、ケアを実現するための新しいモデル。認知症の在宅ケアで…

新型コロナウイルス感染症に伴う病院小児科の影響調査(一次調査)概要、日本小児科学会が公開

新型コロナウイルス感染症に伴う病院小児科の影響調査(一次調査)概要、日本小児科学会が2020年12月21日に公開している。 日本小児科学会社会保険委員会が2020年7~8月に標記調査を実施したもの。対象は、同会代議員所属施設。集計結果概要を示している。 …

「地域のかかりつけ医と多職種のための心不全診療ガイドブック」日本循環器学会が公開

「地域のかかりつけ医と多職種のための心不全診療ガイドブック」を日本循環器学会が2020年12月18日に公開した。 「標準的な診療の基準を示した従来の各種ガイドラインとは異なり、診療所や在宅における診療・ケア内容を中心とし、また、かかりつけ医およびそ…

「いつもと違ってなんとなく元気がないと感じたら」として、日本医療機能評価機構が退院後の赤ちゃんに現れる異常につながる着眼点をパンフレットに

「いつもと違ってなんとなく元気がないと感じたら」として、日本医療機能評価機構がパンフレットをまとめている。退院後の赤ちゃんに現れる異常につながる着眼点を説明している。日本周産期・新生児医学会が紹介している。 B群溶血性連鎖球菌(GBS)に感染し…

「剽窃が疑われる論文投稿に関する報告事項」、日本消化器外科学会が伝達

「剽窃が疑われる論文投稿に関する報告事項」として、日本消化器外科学会が2020年12月17日に伝達している。 会誌への投稿論文に剽窃が疑われるおのがあると指摘。著者に取り下げを依頼したとしている。 www.jsgs.or.jp 学会

「現在、必須としていない基準の必須化の予定時期」の延期、日本移植学会が報告

「現在、必須としていない基準の必須化の予定時期」の延期について日本移植学会が2020年12月8日に報告している。 認定医、看護師、HCTC に関する基準のうち必須としていないものについて、今後、必須とする項目を設定している。 新型コロナウイルス感染症拡…