株式会社ステラ・メディックス エビデンス ウェブサイト

株式会社ステラ・メディックスが医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの論文情報を収集します

米国におけるmRNA新型コロナウイルス感染症ワクチン投与後のアナフィラキシーの研究

米国におけるmRNA新型コロナウイルス感染症ワクチン投与後のアナフィラキシーの研究が報告されている。 米国食品医薬品局(FDA)は2つのmRNAベースワクチンの緊急使用許可(EUA)を発行。ファイザー・バイオンテック(EUAは12月11日発行、2回接種、3週間間隔…

新型コロナウイルス感染症ワクチン接種意向の予測因子についての研究

新型コロナウイルス感染症ワクチン接種意向の予測因子についての研究が報告されている。ワクチン接種意向の有意な予測因子は、「一般的なワクチン知識」「ワクチン陰謀の拒否」「新型コロナワクチン感染症についての重症度の認識」「インフルエンザワクチン…

新型コロナウイルス感染症ワクチン拒絶反応をいかに平坦化するのか国際的な比較についての研究

新型コロナウイルス感染症ワクチン拒絶反応をいかに平坦化するのか国際的な比較についての研究が報告されている。ワウチンの拒絶反応についてポーランドの1066人を調査して、ポーランドではワクチンの接種に消極的。20カ国を対象とした調査では拒否率の低い…

新型コロナウイルス感染症ワクチンの懐疑論の根底にある要因についての分析

新型コロナウイルス感染症ワクチンの懐疑論の根底にある要因についての分析が報告されている。政治的な相違に加えて、大きく2つが提示されており、一つは、科学的なプロセスの欠如による理由。ワクチン自体ではなく、その前にフェイスマスクについて有効性の…

米国食品医薬品局(FDA)の処方薬規制監視の範囲に関する消費者の理解についての研究

米国食品医薬品局(FDA)の処方薬規制監視の範囲に関する消費者の理解についての研究が報告されている。 FDAの処方薬の規制監督は、1938年に制定された連邦食品医薬品化粧品法(FD&C)に由来。法律はFDAに米国での販売前に医薬品が安全であるという証拠を要…

胃食道逆流症の一般知識に及ぼす医薬品広告の影響についての研究

胃食道逆流症(GERD)の一般知識に及ぼす医薬品広告の影響についての研究が報告されている。249人を対象に調査。女性は55.30%。胃食道逆流症のプロトンポンプ阻害薬の一般向け広告のビデオを視聴してもらう。信頼できる情報源で、市販薬の購入を促すものであ…

がん治療薬の印刷およびテレビ広告における有効性評価項目の選択的アウトカム報告バイアス評価についての研究

がん治療薬の印刷およびテレビ広告における有効性評価項目の選択的アウトカム報告バイアス評価についての研究が報告されている。選択的転帰報告バイアスは、薬剤の有効性プロファイルに関する誤解を助長する可能性があると指摘。公表されているがん臨床試験…

処方薬のリスクとベネフィットの認識についての尺度を消費者向けの処方薬広告の文脈で検討した研究

オーストラリア、カナダ、米国で発行された家庭の医療雑誌に掲載された処方箋薬の広告の質と規制の違いを検討した研究が報告されている。2013年から2015年までに発行された家庭の医学雑誌の広告30件を、規制の異なる医薬品プロモーションシステムを持つ3カ国…

乾癬患者の生物学的治療への意欲を高めるため広告手法を活用することの倫理的意味合いについての研究

乾癬患者の生物学的治療への意欲を高めるため広告手法を活用することの倫理的意味合いについての研究が報告されている。医師が患者の最善の利益のために行動する倫理的義務を保つことができると指摘。同時にインフォームドコンセントの原則を維持した上で、…

消費者への直接医薬品広告と処方の影響

消費者への直接医薬品広告と処方の影響についての解説が報告されている。処方薬の消費者への直接広告を行うと処方の要求を増やして、処方の可能性を高め、適切な処方と不適切な処方の両方を増加させることが示されると指摘。患者の期待、不十分な情報共有、…

医療従事者の処方決定に影響を与える要因の調査

医療従事者の処方決定に影響を与える要因の調査が報告されている。医薬品のプロモーションへの露出と注意、製薬業界との接触は処方薬の決定における製薬業界の影響力の増加の報告と有意に関連。専門医は、ほかの医療従事者よりも適応外処方を行い、製薬業界…

米国における医薬品広告規制の違反についての分析

米国における医薬品広告規制の違反についての分析が報告されている。2005年から2019年までの米国食品医薬品局(FDA)執行通知を縦断的に調べたもの。米国の医薬品の宣伝は、FDAの施行基準を遵守する必要がある。違反があれば、執行通知を受ける可能性がある…

新型コロナウイルス感染症ワクチンへの躊躇に関して米国が克服すべき課題をまとめた研究

新型コロナウイルス感染症ワクチンへの躊躇に関して米国が克服すべき課題をまとめた研究が報告されている。ワクチンへの躊躇は、コミュニティーを危険にさらすことになると指摘。多くの個人は不信感を持ち、ワクチンの受け入れ体制がうまくできていない状況…

「アスタチン化ナトリウム注射液を用いる核医学治療の治験適正使用マニュアル(第1版)」を日本核医学会が公開

「アスタチン化ナトリウム注射液を用いる核医学治療の治験適正使用マニュアル(第1版)」を日本核医学会が公開している。今後、国内で同マニュアルに従って適切な安全管理を行った上で治験が実施されるとしている。 一般社団法人日本核医学会 | 日本核医学会…

日本癌学会喫煙対策委員会、喫煙の健康への影響について注目文献の定期的な紹介を開始

日本癌学会喫煙対策委員会、喫煙の健康への影響について注目文献の定期的な紹介を開始。新型たばこを含めて、喫煙とがんを始めとする健康にまつわる国内外の様々な研究結果について扱っていくとしている。1~2編ずつ紹介するとしており、このたび新型コロナ…