株式会社ステラ・メディックス エビデンス ウェブサイト

株式会社ステラ・メディックスが医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの論文情報を収集します

2020-08-05から1日間の記事一覧

コロナウイルス増殖を方向付ける宿主の要因

コロナウイルス増殖を方向付ける宿主の要因。コロナウイルスは、「プラス鎖RNAウイルス」の中でも特殊な増殖のスタイルを取っている。例外的に巨大なゲノムを持ち、増殖に当たって、宿主の細胞内で適した環境を作り出そうとし、宿主のゲノム発現を変えようと…

ウィル・バイオテクノロジーの研究グループ、新型コロナワクチンの抗体依存性感染増強(ADE)考察

ウィル・バイオテクノロジーの研究グループ、新型コロナワクチンの抗体依存性感染増強(ADE)考察。新型コロナワクチンの開発をめぐって懸念されるADEをめぐって、重症感染症と免疫が増強する病態とを区別する有効な手段が存在しないと指摘。一つには、新型…

8697人の患者データから分かった新型コロナウイルス感染症で現れる症状とは

8697人の患者データから分かった新型コロナウイルス感染症で現れる症状とは。55の研究を分析。発熱は78.4%、咳は58.3%、けん怠感34%、筋肉痛21.9%、喀痰23.7%、食欲不振22.0%、胸痛22.9%、呼吸困難20.6%、嘔気嘔吐6.6%、下痢8.2%、頭痛11.3%など…

SARSのウイルスをサルに感染させて病気の発症を確認

SARSのウイルスをサルに感染させて病気の発症を確認。オランダ、エラスムス大学のアルバート・D・M・E・オスターハウス氏。2003年オランダ研究。 Fouchier RA, Kuiken T, Schutten M, et al. Aetiology: Koch's postulates fulfilled for SARS virus. Nature…

74人を対象として大便のウイルスを詳細に分析

74人を対象として大便のウイルスを詳細に分析。鼻咽頭スワブなどの呼吸器と大便の両方についての検査が連日行われた74人のうち、大便からウイルスを検出されたのは55%の41人。呼吸器と大便の両方からウイルスが検出されたグループを見ると、最初の症状が出…

新型コロナウイルス感染症の症状が軽い206人を調べたところ、46人は下痢をはじめ消化器症状だけが見られたと報告

新型コロナウイルス感染症の症状が軽い206人を調べたところ、46人は下痢をはじめ消化器症状だけが見られたと報告。研究グループは最初の症状として下痢などが重要だと警告。2020年中国、米国研究。 Han C, Duan C, Zhang S, et al. Digestive Symptoms in CO…

GS-441524という薬剤が、猫の致死的な病気である伝染性腹膜炎に安全かつ、有効に使えそうであると報告

GS-441524という薬剤が、猫の致死的な病気である伝染性腹膜炎に安全かつ、有効に使えそうであると報告。2019年米国研究。 Pedersen NC, Perron M, Bannasch M, et al. Efficacy and safety of the nucleoside analog GS-441524 for treatment of cats with n…

馬の妊娠15日~107日までの胎仔期成長

馬の妊娠15日~107日までの胎仔期成長。胚から胎仔への形態学的な成長がいかに起こるのかは十分には分かっていない。神経系は排卵を0日とすると19日目に見られる。27日目に四肢に蹄が現れてくる。目や肝臓は25日目、尻尾や循環器は19日目、胚は34日目、皮膚…

リフトバレー熱は蚊媒介性のブニヤウイルス感染症で、アフリカとアラビア半島で再興している

リフトバレー熱ウイルスは蚊媒介性のブニヤウイルスで、アフリカとアラビア半島で再興している。妊娠反芻獣の子に病気を引き起こして流産を引き起こす。ウイルスゲノムは、S、M、Lセグメントから成り、Mセグメントからできる糖タンパク質のGnやGcが細胞への…