株式会社ステラ・メディックス エビデンス ウェブサイト

株式会社ステラ・メディックスが医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの論文情報を収集します

2020-08-06から1日間の記事一覧

新型コロナウイルスの進化の秘密、分岐は1948年、1969年、1982年

新型コロナウイルスの進化の秘密、分岐は1948年、1969年、1982年。新型コロナウイルスは動物のウイルスから分岐したと考えられているが、いつ分岐したかは不明。新型コロナウイルスは、SARSなども含めたサーベコウイルス亜属(sarbecovirus 亜属)の既知ウイ…

新型コロナウイルス感染症にとって喫煙は大きなリスクと見られる中、喫煙者は以前よりも喫煙量を増やしている

新型コロナウイルス感染症にとって喫煙は大きなリスクと見られる中、喫煙者は以前よりも喫煙量を増やしている。4月23日~5月7日まで777人の喫煙者に調査したところ、4分の3は喫煙が新型コロナウイルス感染症のリスクと認識していた。約7割は今後半年で禁煙し…

新型コロナウイルスは味蕾に感染しやすいわけではなさそうだと報告

新型コロナウイルスは味蕾に感染しやすいわけではなさそうだと報告。新型コロナウイルス感染症では、味や匂いを感じにくくなることから、舌で味を感じる味蕾にウイルスが感染しやすいという推定もあった。マウスで調べたところ、味蕾にウイルスが多く存在す…

新型コロナウイルス感染症のスパイクプロテインをmRNAで作り出し、マウスの中和抗体とCD8T細胞の反応を引き出す

新型コロナウイルス感染症のスパイクタンパク質をmRNAで作り出し、マウスの中和抗体とCD8T細胞の反応を引き出す。新型コロナウイルスは、スパイクタンパク質を使い、細胞に結合し、感染する。この融合する前のスパイクタンパク質をmRNAで細胞内で作る。mRNA-…

新型コロナウイルスは炎症性疾患として治療するとの指摘

新型コロナウイルスは炎症性疾患として治療するとの指摘。90%の患者は無症状で、症状のある場合には緊急の治療が求められる。これまでの総説では、新型コロナウイルス感染症では炎症性免疫反応の制御不能が関連し、保護的な免疫の発達を阻害していると提案…

新型コロナウイルス感染症の重症化に補体と凝固の系が関連

新型コロナウイルス感染症の重症化に補体と凝固の系が関連。年齢、性別、喫煙歴によらず、黄斑変性と凝固疾患の病歴が新型コロナウイルス感染症の重症化や死亡率と関連していると確認。鼻咽頭スワブの検査から、1型インターフェロンやIL6という炎症指標のほ…