株式会社ステラ・メディックス エビデンス ウェブサイト

株式会社ステラ・メディックスが医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの論文情報を収集します

2020-08-07から1日間の記事一覧

S1-Fc融合タンパク質──新型コロナウイルスのS1タンパク質と、抗体のFcの融合タンパク質が免疫反応を強く引き出すことを確認

新型コロナウイルスのS1プロテインと、抗体のFcの融合タンパク質が免疫反応を強く引き出すことを確認。抗体の生産を強く促す。世界のワクチン供給に堪える生成能力も確認。2020年中国研究 Ren W, Sun H, Gao GF, et al. Recombinant SARS-CoV-2 spike S1-Fc …

フランスでのワクチンを避ける動き、YouTubeの中ではどうか

フランスでのワクチンを避ける動き、YouTubeの中ではどうか。フランスのYouTubeの動画として166のワクチン関連のものを特定。120がワクチン反対、46がワクチン推進に関するものだった。ワクチン反対の議論で見られた3つの大きな論点は、副作用、製薬企業のロ…

MERSに対するウイルス様粒子(Virus like nanoparticle)の進歩により、新型コロナウイルスに対するワクチン生産も加速か

MERSに対するウイルス様粒子(Virus like nanoparticle)の進歩により、新型コロナウイルスに対するワクチン生産も加速か。安全で接種も容易、効果も持続。MERSの動物モデルでウイルス様粒子が成果を出している。2020年イラン、英国総説。 Hashemzadeh A, Av…

オランダ、ドイツ、イタリア政府の新型コロナウイルス対策を各国の人々はどう評価したか

オランダ、ドイツ、イタリア政府の新型コロナウイルス対策を各国の人々はどう評価したか。オランダは59.2%が効果的と評価したのに対して、ドイツは76.6%、イタリアは87.2%が評価。全体的に情報は周知されていた。イタリアの国民が最も高い割合で対策を実…

自宅で唾液、鼻咽頭スワブ、乾燥血液による新型コロナウイルス検査は有効か

自宅で唾液、鼻咽頭スワブ、乾燥血液による新型コロナウイルス検査は有効か。153人の米国の成人を対象として、自宅での検査への意欲や実現可能性を検証。84%を超える参加者は検体を取り、郵送するという手続きを受け入れられると回答。87%は自分で取った検…

パンデミックにおいて慢性疾患を抱える人は自らの状況をどう理解しているのか

パンデミックにおいて慢性疾患を抱える人は自らの状況をどう理解しているのか。フランスのコホート研究の参加者を対象として、3月23日~4月2日のデータを抽出。対象になった7169人のうち63%が重症化のリスクを感じ、23.7%が自宅外で勤務しているなどの理由…

ルクセンブルクの社会的な接触はどう推移したか

ルクセンブルクの社会的な接触はどう推移したか。ルクセンブルクがロックダウンされた3月から4月にかけて、ロックダウンが解除された6月に、それぞれ社会的な接触についてのインターネット調査を実施。ロックダウン中は1日当たりの接触は2.9から3.6へと増加…

タイ航空客室でのプロトコールについての乗客乗員への調査

タイ航空客室でのプロトコールについての乗客乗員への調査。新型コロナウイルス感染症は航空産業の甚大な影響を及ぼしている。タイ航空のボーイング777の帰国便の乗客乗員を対象として、感染対策プロトコールについて調査を実施。ディスポーサブルの食品容器…

新型コロナウイルス感染症において1型インターフェロンの効果をめぐる総説

新型コロナウイルス感染症において1型インターフェロンの効果をめぐる総説。新型コロナウイルス感染症では、1型インターフェロンの減少と炎症を促進するサイトカインの増加が特徴で、それが重症化につながってくる。これまでSARSやMERSではインターフェロン…

ケータイによる情報が、健康を底上げする

ケータイによる情報が、健康を底上げする。3万8060人分の研究を分析。糖尿病や禁煙のため1日5回のメッセージを送る研究から、運動を促すために1週間に1回メッセージを送る研究まで。服薬、喘息の症状、血糖値、ストレス、禁煙、自己効力感の改善に効果を確認…

コロンビアの犬や猫が持つアルファコロナウイルス1型の分布

コロンビアの犬や猫が持つアルファコロナウイルス1型の分布。アルファコロナウイルス1型は、豚の伝染性胃腸炎ウイルス(TGEV)、猫のコロナウイルス(FCoV)、犬のコロナウイルス(CCoV)として重要。CCoVの1型は、FCoV1型と類似、CCoV2型はIIaとIIbに分かれ…

マラリア薬のメフロキンは、猫のコロナウイルス、猫のカリシウイルスの感染阻害に効果を発揮するか検証中

マラリア薬のメフロキンは、猫のコロナウイルス、猫のカリシウイルスの感染阻害に効果を発揮するか検証中。猫の血漿中のメフロキン濃度を測定。今後の研究に生かされるが、血漿中のタンパク質とメフロキンの結合を調べると、健常でも猫伝染性腹膜炎でも結合…

犬の超音波検査、心臓のMモード画像を体重や体表面積と相関させるための条件を考察

犬の超音波検査、心臓のMモード画像を体重や体表面積と相関させるための条件を考察。犬を対象としたMモードによる描出は、体重と体表面積との間に比例関係があるという仮定に基づいて行われている。3次元の分析結果からはこうした関係があるとは認められない…

プラセボだと分かって飲んでも精神的な効果はある

プラセボだと分かって飲んでも精神的な効果はある。プラセボと伝えた上で飲んでもらうことがストレスを軽減すると考えられている。本当に効果があるのかは分からない。そこで自己申告、中立的な指標によってプラセボだと分かって飲んでもらったときの効果を…