株式会社ステラ・メディックス エビデンス ウェブサイト

株式会社ステラ・メディックスが医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの論文情報を収集します

2020-08-21から1日間の記事一覧

国産で初めての手術支援ロボットシステムが製造販売承認を取得、メディカロイドが発表

国産で初めての手術支援ロボットシステムが製造販売承認を取得した。開発元のメディカロイドが2020年8月11日に発表している。 同社は2013年に川崎重工業とシスメックスの共同出資により設立され、2015年度から医療用ロボットの開発を進めてきた。このたび製…

「掌蹠角化症」「穿孔性皮膚症」各診療の手引きを日本皮膚科学会が公開

「掌蹠角化症」「穿孔性皮膚症」各診療の手引きを日本皮膚科学会が2020年8月21日に公開した。 掌蹠角化症の診療の手引きは、厚生労働省難治性皮膚疾患克服研究事業のうちの一プロジェクトとして制定したと説明している。穿孔性皮膚症の診療の手引きは、「Min…

ワクチン開発ではエピトープ設計が大きな課題に

ワクチン開発ではエピトープ設計が大きな課題に。JBPRESSにおいて新型コロナウイルス感染症のワクチン設計において情報技術面での分析が重要度を増していると説明されている。「イムノインフォマティクス」と呼ばれる分野でのエピトープの選抜についての研究…

BCGに使われる牛結核菌と新型コロナウイルスに共通のエピトープを確認

BCGに使われる牛結核菌と新型コロナウイルスに共通のエピトープを確認。 BCG接種により非特異的な免疫が強化され新型コロナウイルスの感染を防ぐ可能性が指摘されている。研究グループは、牛結核菌と新型コロナウイルスのカプシドタンパク質と共通点を検証。…

急性骨髄性白血病(AML)で治療に合わないケースでの医薬の進化についての総説(2019年)

急性骨髄性白血病(AML)で治療に合わないケースでの医薬の進化についての総説(2019年)。 急性骨髄性白血病は造血幹細胞の病気で、骨髄芽球の増殖が抑制されなくなる。年齢層が若く、多剤併用化学療法の適用があるケースでは「3+7」というシタラビンを7日…

ハンター症候群は早期の治療が重要で、医療従事者は新生児のスクリーニングに対する啓発を進めるよう求める総説

ハンター症候群は早期の治療が重要で、医療従事者は新生児のスクリーニングに対する啓発を進めるよう求める総説。 ハンター症候群、ムコ多糖症II型はライソゾーム病の一つで、診断と治療の研究も進んでおり、薬剤を使うことで寿命を延ばし、健康な生活を可能…

細胞の膜にあるタンパク質ソルチリンが膵臓がんの浸潤性を防ぐための治療標的になる可能性

細胞の膜にあるタンパク質ソルチリンが膵臓がんの浸潤性を防ぐための治療標的になる可能性。 神経の膜タンパク質として知られるソルチリンががんの発達に関係すると分かってきたことから、膵臓がんで検証。正常の細胞よりもソルチリンが多く発現していること…

新型コロナウイルスの室内での感染しやすさと湿度との関連を調べた総説

新型コロナウイルスの室内での感染しやすさと湿度との関連を調べた総説。 換気の悪い室内で感染が広がる可能性があるという根拠が出ており、湿度や風、温度などの要素の関与も想定される。湿度の関与についても研究が出ていると情報を整理。40%未満の乾燥し…

犬の恐怖症や騒音過敏症の背景にある環境要因は何か

犬の恐怖症や騒音過敏症の背景にある環境要因は何か。 騒音や高所などの非社会的な恐怖と関連する環境因子について分析。1万3700匹の犬の飼い主を対象としたオンライン調査を実施。分析対象は、花火に恐怖を覚える9613匹、雷に恐怖を覚える9513匹、新しい状…