株式会社ステラ・メディックス エビデンス ウェブサイト

株式会社ステラ・メディックスが医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの論文情報を収集します

2020-10-31から1日間の記事一覧

新型コロナウイルスが宿主機能を阻害しているとする研究

新型コロナウイルスが宿主機能を阻害しているとする研究が報告されている。 ウイルスの持つ非構造タンパク質の一つ「NSP16」がmRNAのスプライシングを阻害する。U1/U2 snRNAのmRNA認識ドメインに結合するためという。NSP1はリボソームのmRNA入口チャネルに結…

新型コロナウイルスが人に感染するために必要な宿主因子の研究

新型コロナウイルスが人に感染するために必要な宿主因子の研究が報告されている。 ゲノム編集のCRISPRの技術を使って、遺伝子の機能を欠失させて、感染に必要な遺伝子を特定。すると、「液胞型ATPaseプロトンポンプ」「レトロマー(Retromer)」「コマンダー…

『肝硬変診療ガイドライン2020(改訂第3版)』『 NAFLD/NASH 診療ガイドライン2020(改訂第2版)』、日本肝臓学会が報告

『肝硬変診療ガイドライン2020(改訂第3版)』『 NAFLD/NASH 診療ガイドライン2020(改訂第2版)』、日本肝臓学会が報告。 2020年10月30日に、同学会と日本消化器病学会との共同改訂を経た内容のガイドラインを刊行した。 『肝硬変診療ガイドライン2020(改…

「心アミロイドーシスに対する99mTc-PYPシンチグラフィが保険診療可能に」、日本核医学会が報告

「心アミロイドーシスに対する99mTc-PYPシンチグラフィが保険診療可能に」、日本核医学会が報告。 厚生労働省が「医薬品の適応外使用に係る保険診療上の取扱いについて」として伝えたもの。 一般社団法人日本核医学会 | 日本核医学会 学会

「第3回小児から成人診療科への移行を語る会(小児-成人移行医療対策特別委員会主催、ワークショップ)」、日本神経学会がウェブ開催

「第3回小児から成人診療科への移行を語る会(小児-成人移行医療対策特別委員会主催、ワークショップ)」、日本神経学会がウェブ開催。 2021年1月27日(水曜)午後6時~午後8時まで開く。参加申し込みは後日報告するという。 第3回小児から成人診療科への移…

「衛生学エキスパート制度」、日本衛生学会が申請を受付

「衛生学エキスパート制度」が発足し、日本衛生学会が申請を受け付けている。 2020年度の審査受付期間は9月1日~11月30日までとなっており、申請期間が延長された。 「衛生学分野の研究者・実践者としての自己研鑽による衛生学全体の向上に繋がります。また…

「食品による窒息 子どもを守るためにできること」の提言を、日本小児科学会が作成

「食品による窒息 子どもを守るためにできること」の提言を、日本小児科学会が作成した。 「食品による幼い子どもの窒息は度々起こっております。知識を持つことで窒息事故から子どもを守ることにつながります。食品による窒息事故で尊い命が失われないこと…

「生物多様性が人類にとって必須である理由」と題して、生物科学学会連合主催で12月12日に公開シンポジウム

「生物多様性が人類にとって必須である理由」と題して、生物科学学会連合主催で2020年12月12日に公開シンポジウムが開催される。 オン来関西で、参加無料だが、事前申し込みが必要となる。ウェブサイト上で登録ができる。 seikaren.org http://physiology.jp…

「第9回ゲノム病理標準化講習会」、日本病理学会が2021年2月にウェブ開催

「第9回ゲノム病理標準化講習会」を、日本病理学会が2021年2月にウェブ開催する。当初は対面開催を予定していたが、ウェブ開催に切り替えている。 ゲノム研究やゲノム医療における病理組織検体の取扱いや組織バンキングなどについての講習会となる。テキスト…

獣医師法第22条に基づき、獣医師免許を持つ場合には令和2年は届出が必要

獣医師法第22条に基づき、獣医師免許を持つ場合には令和2年は届出が必要となる。農林水産省が報告しており、日本獣医学会も伝えている。 www.maff.go.jp 学会