株式会社ステラ・メディックス エビデンス ウェブサイト

株式会社ステラ・メディックスが医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの論文情報を収集します

医療情報

医療情報

 医療の診療情報やレセプト情報など医療情報の研究は古くから行われておりますが、ここの動きに広がりが生まれています。在宅医療が一般的になっておりましたが、新型コロナウイルス感染症によって直接的な診察が困難になり、遠隔医療、テレメディシンが注目され、ここでは医療情報の活用が注目されております。このほか統計分析、人工知能(AI)、タスクシフティングの流れからメディカルクラーク、医療機関の予約など多様な研究を収集し、要約を記事としてアップデートしてまいります。

製薬会社が配布している医薬品プロモーション用文献の世界保健機関(WHO)の医薬品プロモーション倫理基準への適合性についての研究(2019年)

製薬会社が配布している医薬品プロモーション用文献の世界保健機関(WHO)の医薬品プロモーション倫理基準への適合性についての研究が報告されている(2019年)。0 48の製薬会社が研究対象になり、研究期間中に医薬品プロモーション文献(372件)を分析。医…

米国食品医薬品局(FDA)の処方薬規制監視の範囲に関する消費者の理解についての研究

米国食品医薬品局(FDA)の処方薬規制監視の範囲に関する消費者の理解についての研究が報告されている。 FDAの処方薬の規制監督は、1938年に制定された連邦食品医薬品化粧品法(FD&C)に由来。法律はFDAに米国での販売前に医薬品が安全であるという証拠を要…

胃食道逆流症の一般知識に及ぼす医薬品広告の影響についての研究

胃食道逆流症(GERD)の一般知識に及ぼす医薬品広告の影響についての研究が報告されている。249人を対象に調査。女性は55.30%。胃食道逆流症のプロトンポンプ阻害薬の一般向け広告のビデオを視聴してもらう。信頼できる情報源で、市販薬の購入を促すものであ…

がん治療薬の印刷およびテレビ広告における有効性評価項目の選択的アウトカム報告バイアス評価についての研究

がん治療薬の印刷およびテレビ広告における有効性評価項目の選択的アウトカム報告バイアス評価についての研究が報告されている。選択的転帰報告バイアスは、薬剤の有効性プロファイルに関する誤解を助長する可能性があると指摘。公表されているがん臨床試験…

処方薬のリスクとベネフィットの認識についての尺度を消費者向けの処方薬広告の文脈で検討した研究

オーストラリア、カナダ、米国で発行された家庭の医療雑誌に掲載された処方箋薬の広告の質と規制の違いを検討した研究が報告されている。2013年から2015年までに発行された家庭の医学雑誌の広告30件を、規制の異なる医薬品プロモーションシステムを持つ3カ国…

乾癬患者の生物学的治療への意欲を高めるため広告手法を活用することの倫理的意味合いについての研究

乾癬患者の生物学的治療への意欲を高めるため広告手法を活用することの倫理的意味合いについての研究が報告されている。医師が患者の最善の利益のために行動する倫理的義務を保つことができると指摘。同時にインフォームドコンセントの原則を維持した上で、…

消費者への直接医薬品広告と処方の影響

消費者への直接医薬品広告と処方の影響についての解説が報告されている。処方薬の消費者への直接広告を行うと処方の要求を増やして、処方の可能性を高め、適切な処方と不適切な処方の両方を増加させることが示されると指摘。患者の期待、不十分な情報共有、…

米国における医薬品広告規制の違反についての分析

米国における医薬品広告規制の違反についての分析が報告されている。2005年から2019年までの米国食品医薬品局(FDA)執行通知を縦断的に調べたもの。米国の医薬品の宣伝は、FDAの施行基準を遵守する必要がある。違反があれば、執行通知を受ける可能性がある…

IoTベースのスマートホームのためのサイバー・物理セキュリティ脆弱性評価についての総説(2018年)

IoTベースのスマートホームのためのサイバー・物理セキュリティ脆弱性評価についての総説が報告されている。 「IoT(Internet of Things:モノのインターネット)」の登場で、物がインターネットに接続されて、ユーザーの利便性や効率性を高められると考えら…

高齢者のためのスマートな住宅環境についての総説

高齢者のためのスマートな住宅環境についての総説が報告されている。 スマートホームに関する研究について分析したところ、ユーザビリティ、物理的体験のモニタリング、エネルギー効率のシミュレーションなどの実用的な要素に焦点が当てられている傾向がある…

高齢化社会のための技術「スマートホーム」についての総説(2008年総説)

高齢化社会のための技術「スマートホーム」についての総説が2008年に報告されている。 健康関連のスマートホームについての研究を分析。関連分野を整理している。その分類とは、生理学的モニタリング(血圧、心拍、呼吸、体温、体重など)、機能的モニタリン…

ウェアラブル・アクティビティ・トラッカーによる外出自粛のモニタリングについての研究

ウェアラブル・アクティビティ・トラッカーによる外出自粛のモニタリングについての研究が報告されている。 外出自粛を行った国々で平均歩数を分析。全面的な外出自粛を行うことで1日の歩数は平均25%~54%。部分的な外出自粛(学校閉鎖、バーやレストラン…

障害者の技術利用と差別との関係について指摘する研究(2014年)

障害者の技術利用と差別との関係について指摘する研究が2014年に報告されている。 障害者が技術を利用することで、生活支援などにつながる一方で、障害者差別の影響により技術の利用のために無力な状態に取り残される層が生まれる可能性があると指摘する。批…

患者生成健康データと電子カルテデータを統合した高血圧管理の研究

患者生成健康データと電子カルテデータを統合した高血圧管理の研究が報告されている。 EMPOWER-H(Engaging and Motivating Patients Online With Enhanced Resources-Hypertension)というウェブベースの疾患管理システム。医師と患者が相互にやりとりでき…

住み慣れた場所で老いることを支援する技術の研究

住み慣れた場所で老いることを支援する技術の研究が報告されている。 10人の高齢者を対象として、それぞれが自認する非公式な支援ネットワークの31人に半構造化インタビューを実施。住み慣れた場所で老いることを支援する技術、情報ニーズについて分析してい…

在宅ケアで薬剤関連の問題を管理するためのモバイル機器「eHOME」の開発についての研究

在宅ケアで薬剤関連の問題を管理するためのモバイル機器「eHOME」の開発についての研究が報告されている。 介護士、一般医、薬剤師などの情報提供者のほか、開発者らとプロセス全体に関与し、システム改善。ウェブページを介して、薬剤関連の問題をデジタル…

認知症の自宅滞在を支えるコネクティッドヘルスについての研究

認知症の自宅滞在を支えるコネクティッドヘルスについての研究が報告されている。 コネクティッドヘルスは、自宅をすごす人の健康を保つために、関係者がつながり、情報の共有が継続された状態とする、ケアを実現するための新しいモデル。認知症の在宅ケアで…

化学療法の副作用管理にSMS活用を検証した研究

化学療法の副作用管理にSMS(ショートメッセージサービス)活用を検証した研究が報告されている。 SMSにより、化学療法の管理や副作用予防に関する助言が記載されたSMSを毎日受信する効果をランダム化比較試験で検証。SMSを受信した介入グループの患者は、全…

妊娠糖尿病の女性を対象としたアプリで食事行動管理は可能?

妊娠糖尿病の女性を対象としたアプリで食事行動管理を行う研究が報告されている。 アプリは妊婦の食生活に有益な効果をもたらさなかったという結果に。対面フォローアップをスマートフォンアプリで補完することを支持するものではないと指摘。アプリの改善な…

前立腺がんの治療管理にアプリ

前立腺がんの治療管理にアプリを活用する研究が報告されている。 アンドロゲン遮断療法(ADT)は、前立腺がん患者の代謝性副作用のリスクを増やすので、モバイルを使って管理するという発想を検証。5人に開発したアプリにより日常生活を記録。医師らはアプリ…

バリューベースドヘルスケアを促す上で機械学習の役割は欠かせないとする見解

バリューベースドヘルスケアを促す上で機械学習の役割は欠かせないとする見解が報告されている。 医療の無駄が米国では1兆ドルの水準に達していると問題視。無駄の発生源は臨床現場のみならず、協力関係機関や規制の在り方など多岐にわたると説明。単位コス…

ニューヨークシティーの新型コロナウイルス感染症患者のコホートにおける死亡率と重篤なイベントを予測する機械学習モデルの開発と検証についての研

ニューヨークシティーの新型コロナウイルス感染症患者のコホートにおける死亡率と重篤なイベントを予測する機械学習モデルの開発と検証についての研究が報告されている。 新型コロナウイルス感染症の検査陽性となった患者の電子カルテ(EHR)を分析して、入…

遠隔医療をメンタルヘルスに幅広く活用可能にする重要性を強調する見解

遠隔医療をメンタルヘルスに幅広く活用可能にする重要性を強調する見解が報告されている。 オーストラリアでは干ばつや火災などを受けて、特別な状況に置かれた人に対して、メンタルヘルスの問題に対応できるように遠隔医療のサービス活用を可能とする施策を…

集中治療の必要性を予測する新型コロナウイルス感染症「使いやすい機械学習モデル」を韓国研究グループが報告

新型コロナウイルス感染症患者の予後を予測して、集中治療の必要性を判断するための「使いやすい機械学習モデル」を韓国研究グループが報告している。 年齢、性別、喫煙歴、体温、併存疾患、日常生活活動、症状から、集中治療の必要性を判断するための機械学…

「新コンピュータシステムの開発遅延」、日本作業療法士協会が報告

「新コンピュータシステムの開発遅延」について、日本作業療法士協会が2020年11月報告している。 同協会では、会員ポータルサイトと事務局サイトなどの刷新を進めているが、開発されたシステムに不具合があるなど、不完全な状態で公開するにとどまっていると…

ヘルスケアデータ管理におけるブロックチェーン実装提案についての分析

ヘルスケアデータ管理におけるブロックチェーン実装提案についての分析。 カナダの医療システムでは、情報のサイロ化や現在の電子医療記録(EMR)インフラとの相互運用性の欠如など、いくつかの課題があると説明。課題をブロックチェーンベースのヘルスケア…

カリフォルニア大学サンタクルス校(UCSC)新型コロナウイルスゲノムブラウザの報告

カリフォルニア大学サンタクルス校(UCSC)新型コロナウイルスゲノムブラウザの報告。 ゲノムブラウザ可視化ツールを改良し、多くのアノテーショントラックと、類似ウイルスとの保存性、免疫エピトープ、RT-PCRおよびシークエンシングプライマー、CRISPRガイ…

検疫所へのAI導入が効率化に有効と示す報告

検疫所へのAI導入が効率化に有効と示す報告。 検疫所にスマート検疫所、AI支援画像診断、臨床意思決定アルゴリズムの導入効果を検討。検査プロセスを短縮し、処理時間を短縮。医療ワークフローを改善し、新興の感染症流行期には特に重要と報告。 2020年10月…

テレヘルスによる保護者に対する訓練が自閉症児の行動スキル向上につながり得るとする報告。

テレヘルスによる保護者に対する訓練が自閉症児の行動スキル向上につながり得るとする報告。 新型コロナウイルス感染症のパンデミックによって対面での訓練ができなくなっている状況を解消するために、保護者に対して遠隔から訓練し、自閉症児の治療につなげ…

ディープラーニングで薬剤代謝の結果を予測する計算ツール「Metabolite Translator」を報告

ディープラーニングで薬剤代謝の結果を予測する計算ツール「Metabolite Translator」を報告。 ディープラーニングと大規模な反応データセットを利用し、医薬品の作用機序を予測する。毒性の確認に有効になる。肝臓の酵素に焦点を当てた既存の手法と比べると…