株式会社ステラ・メディックス エビデンス ウェブサイト

株式会社ステラ・メディックスが医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの論文情報を収集します

医療情報

医療情報

 医療の診療情報やレセプト情報など医療情報の研究は古くから行われておりますが、ここの動きに広がりが生まれています。在宅医療が一般的になっておりましたが、新型コロナウイルス感染症によって直接的な診察が困難になり、遠隔医療、テレメディシンが注目され、ここでは医療情報の活用が注目されております。このほか統計分析、人工知能(AI)、タスクシフティングの流れからメディカルクラーク、医療機関の予約など多様な研究を収集し、要約を記事としてアップデートしてまいります。

カリフォルニア大学サンタクルス校(UCSC)新型コロナウイルスゲノムブラウザの報告

カリフォルニア大学サンタクルス校(UCSC)新型コロナウイルスゲノムブラウザの報告。 ゲノムブラウザ可視化ツールを改良し、多くのアノテーショントラックと、類似ウイルスとの保存性、免疫エピトープ、RT-PCRおよびシークエンシングプライマー、CRISPRガイ…

検疫所へのAI導入が効率化に有効と示す報告

検疫所へのAI導入が効率化に有効と示す報告。 検疫所にスマート検疫所、AI支援画像診断、臨床意思決定アルゴリズムの導入効果を検討。検査プロセスを短縮し、処理時間を短縮。医療ワークフローを改善し、新興の感染症流行期には特に重要と報告。 2020年10月…

テレヘルスによる保護者に対する訓練が自閉症児の行動スキル向上につながり得るとする報告。

テレヘルスによる保護者に対する訓練が自閉症児の行動スキル向上につながり得るとする報告。 新型コロナウイルス感染症のパンデミックによって対面での訓練ができなくなっている状況を解消するために、保護者に対して遠隔から訓練し、自閉症児の治療につなげ…

ディープラーニングで薬剤代謝の結果を予測する計算ツール「Metabolite Translator」を報告

ディープラーニングで薬剤代謝の結果を予測する計算ツール「Metabolite Translator」を報告。 ディープラーニングと大規模な反応データセットを利用し、医薬品の作用機序を予測する。毒性の確認に有効になる。肝臓の酵素に焦点を当てた既存の手法と比べると…

慢性疾患薬の継続への多要素デジタル治療アプリ効果についての研究

慢性疾患薬の継続への多要素デジタル治療アプリ効果についての研究。 要素として、ゲーミフィケーション、用量想起、動機付け、感情的要素、社会的要素を含んでいる。3および6カ月での継続を評価。 継続率の中央値は3カ月時点で96.6%、6カ月時点で96.8%。3…

精神病の症状管理をスマートフォンで強化できるか検証した研究

精神病の症状管理をスマートフォンで強化できるか検証した研究。 次の3点を評価するのが目的となっている。重症精神病の患者と医療従事者の3カ月にわたる持続的な観察、6週間目と12週間目に評価された精神病症状の改善に対する積極的自己観察の効果、早期の…

乳がんおよび前立腺がんの治療中の症状自己管理のための双方向アプリの利用についての研究

乳がんおよび前立腺がんの治療中の症状自己管理のための双方向アプリの利用についての研究。 乳がんのネオアジュバント化学療法、局所進行性前立腺がんの放射線治療で、毎日の症状報告をするアプリの利用を検証。 結果として毎日の症状報告を続けられたのは8…

「新型コロナウイルスによる肺炎CT画像のAIによる解析方法開発」、名古屋大学など研究グループが報告

「新型コロナウイルスによる肺炎CT画像のAIによる解析方法開発」と、名古屋大学など研究グループが2020年9月30日に報告。日本医学放射線学会(研究代表機関 順天堂大学)、AMED、国立情報学研究所、名古屋大学と共同で発表している。 「日本医学放射線学会と…

新型コロナウイルスの検査対応能力を改善するロボットについての考察

新型コロナウイルスの検査対応能力を改善するロボットについての考察。 患者に対面して検体採取のロボットは、コストがかかり、有害事象が起こる可能性があるため現実的ではないと指摘。一方で、検体から核酸を抽出、増幅し、効率的にプロセスを統合、ソフト…

喘息持ちの日本人成人患者向けのモバイル健康アプリについての研究

喘息持ちの日本人成人患者向けのモバイル健康アプリについての研究。 咳喘息をアプリで記録して、現実世界においての喘息管理状態を評価する。2016年2月~2018年2月までに7855回ダウンロードされ、症状や合併症などのデータを分析。 これにより現実世界での…

1型糖尿病の管理に用いられるゲーミフィケーションについての総説

1型糖尿病の管理に用いられるゲーミフィケーションについての総説。 英語とアラビア語のアプリを検証。8つの1型糖尿病に関わるアプリを抽出。7つは英語で1つはアラビア語。性格を扱ったもの、クイズ、ストーリーを語る内容のアプリが確認された。研究グルー…

ゲームに基づくアプローチによる予防や健康促進についての総説

ゲームに基づくアプローチによる予防や健康促進についての総説。 重大な状況を反映したゲームやゲーミフィケーションを用いたゲームを用いたアプローチが広がりを見せている。こうしたアプローチは予防や健康につながると指摘。 2020年6月ドイツ総説。 Tolks…

eヘルスにおけるゲーミフィケーションのシステマティックレビュー

eヘルスにおけるゲーミフィケーションのシステマティックレビュー。 ゲーミフィケーションは、ゲームの仕組みをゲームとは本来は関係のない領域に適用することで、平凡な活動に小さな楽しみを生み出したり、動機付けや利益を感じられるようにしたりして、人…

入院する高齢患者でのゲームに基づく介入の健康関連効果についてのシステマティックレビュー

入院する高齢患者でのゲームに基づく介入の健康関連効果についてのシステマティックレビュー。 65歳以上の急性期医療を受ける成人を対象として、ゲームの仕組みを取り入れた介入の効果を検証したランダム化比較試験をはじめとした臨床試験で見られる効果をシ…

健康を促すゲーミフィケーション、スマートフォンアプリでの行動変容技術のシステマティックレビュー(2016年)

健康を促すゲーミフィケーション、スマートフォンアプリでの行動変容技術のシステマティックレビュー。 健康に向かう行動変容を促すスマートフォンアプリの実態を検証。英国国民健康サービス(NHS)アプリと市販アプリでゲーミフィケーションを取り入れたも…

自動的なプロセスを標的にした現実世界における成人の健康関連介入コンピュータータスクに関するエビデンス、システマティックスコーピングレビュー

自動的なプロセスを標的にした現実世界における成人の健康関連介入コンピュータータスクに関するエビデンス、システマティックスコーピングレビュー。 行動に影響する脳のプロセスは自動的なものと反射的なものがある。自動的なプロセスは迅速で無意識に行わ…

仮想現実、拡張現実、ゲーミフィケーション、遠隔リハビリテーションの整形外科患者リハビリテーション効果についての総説

仮想現実、拡張現実、ゲーミフィケーション、遠隔リハビリテーションの整形外科患者リハビリテーション効果についての総説。 遠隔仮想リハビリテーションの関心が高まり、新型コロナウイルス感染症パンデミックで重要度を増していると指摘。整形外科患者リハ…

新型コロナパンデミックにおいて単身ケアセンターでの慢性肝疾患の遠隔医療の利用についての研究

新型コロナパンデミックにおいて単身ケアセンターでの慢性肝疾患の遠隔医療の利用についての研究。 大学病院での肝臓ユニットで遠隔医療プログラムを活用。自宅でのフォローアップなどに対応。効果検証。テレメディシンでフォローアップなど安全に行い、患者…

自動的転倒検出アルゴリズムの開発と評価についての研究

自動的転倒検出アルゴリズムの開発と評価についての研究。 医療機関において転倒は問題であり、その予防は重要となる。研究グループは、電子健康記録(EHR)データを用いて転倒検出アルゴリズムを開発。Global Trigger Toolなどの既存の手法と比較して妥当性…

公衆衛生政策のための新型コロナウイルス感染率の情報を得るダイナミックパネル推定に基づく健康調査、モデル開発と評価の研究

公衆衛生政策構築のための新型コロナウイルス感染率の情報を導くためのダイナミックパネル推定に基づく健康調査、モデル開発と評価の研究。 新型コロナウイルス感染のデータは、基礎再生産数や統計手法に依存。関連の動的情報を補足し切れていない。データの…

医療機関と薬局のデジタルヘルス、電子処方箋システムの8カ国比較についての報告

医療機関と薬局のデジタルヘルス、電子処方箋システムの8カ国比較についての報告。 電子処方箋について、カナダ、米国、英国、オーストラリア、スペイン、日本、スウェーデン、デンマークの8カ国で比較。日本については紙の処方箋を基本として、お薬手帳の利…

デジタル公衆衛生と新型コロナウイルス感染症についての考察

デジタル公衆衛生と新型コロナウイルス感染症についての考察。 デジタルデータ活用が、公衆衛生にとり重要度を増していると指摘。公的情報、センサーのデータ、ソーシャルメディアなど新たな情報源などが新しい視点を提供しているとしている。その上で、デジ…

慢性疾患に対応するAIによる会話エージェントおよびチャットボットについての研究の現状についての報告

慢性疾患に対応するAI(人工知能)による会話エージェントおよびチャットボットについての研究の現状についての報告。 論文検索により会話エージェント、ヘルスケア、人工知能の類語で研究を抽出。慢性疾患の予防、治療、リハビリテーションに関する研究につ…

「皮膚疾患画像ナショナルデータベースの構築とAI活用診療支援システムの開発」について日本皮膚科学会が報告

「皮膚疾患画像ナショナルデータベースの構築とAI活用診療支援システムの開発」について日本皮膚科学会が報告した。同学会は人工知能(AI)による診療補助のためのシステム開発に向けて、全国で症例の画像をデータベースに集約している。 同学会は2018年度に…

個人のリアルタイムビデオ相談は、生活改善(禁煙、食事、飲酒、運動、肥満)に効果があるのか、システマティックレビューで検証。

個人のリアルタイムビデオ相談は、生活改善(禁煙、食事、飲酒、運動、肥満)に効果があるのか、システマティックレビューで検証。 禁煙4研究、飲酒3研究、運動3研究、肥満3研究を抽出。運動は9週間後と5年後で増加を確認。肥満も2つの研究から体重減少を確…

病院や自宅で命を救うAI(人工知能)センサーによる環境知能についての総説

病院や自宅で命を救うAI(人工知能)センサーによる環境知能についての総説。 機械学習と非接触センサーにより実現する環境知能。医療機関では、集中治療室や手術室で患者の状態を監視して安全性を高められ、家庭では高齢者を見守り自立を促すことができるな…

AI(人工知能)によって遺伝子の活動の謎を解く

AI(人工知能)によって遺伝子の活動の謎を解く。 遺伝子の25%は「TATAAA」のようなTATAボックスと呼ばれるDNAシーケンスによって翻訳されると知られているが、残りの75%はどのように翻訳されていくのかは謎のままだった。機械学習によってDNA配列を分析し…

福島原発事故への感情はどう変わっていたか、ツイートに表れる風評の正体を分析

福島原発事故への感情はどう変わっていたか、ツイートに表れる風評の正体を分析。 東日本大震災に続く、東京電力福島第一原子力発電所の事故は、福島県に対して風評被害をもたらした。 研究グループは、1900万のツイートから、放射線、放射能、放射性物質の…

前立腺がんの放射線治療でのディープラーニングの活用についての総説

前立腺がんの放射線治療でのディープラーニングの活用についての総説。 前立腺がんの治療においてがん進行やがん死を減らす上で重要な放射線治療。治療計画の決定は基本的で、時間を要し、人的誤りを引き起こしやすい。これは治療の遅れにもつながる。 専門…

ウエアラブルデバイスは慢性疾患の管理に効果を示すのかを検証したシステマティックレビューおよびメタアナリシス

ウエアラブルデバイスは慢性疾患の管理に効果を示すのかを検証したシステマティックレビューおよびメタアナリシス。 ウエアラブルの利用により、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、糖尿病、心臓疾患の治療が遵守されるなど効果を上げるか検証。11の研究が対象になっ…