株式会社ステラ・メディックス エビデンス ウェブサイト

株式会社ステラ・メディックスが医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの論文情報を収集します

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)

世界的なパンデミックが発生している間、国家的な偏向性はどの程度まで正当化されるのかを考察した研究

世界的なパンデミックが発生している間、国家的な偏向性はどの程度まで正当化されるのかを考察した研究が報告されている。危機時における偏見を「危機ナショナリズム」と呼び、ワクチンナショナリズムは、新型コロナウイルス感染症パンデミック時の危機ナシ…

ニューヨークの透析施設スタッフの新型コロナワクチン忌避についての研究

ニューヨークの透析施設スタッフの新型コロナワクチン忌避についての研究が報告されている。ニューヨーク州ニューヨーク市にある4つの透析施設において、透析スタッフの予防接種受諾率と躊躇率を報告。1回目の接種は2021年1月13日から21日で、スタッフ数は15…

新型コロナワクチンへのアクセスや配布についての不公平の平準化に向けた検討

新型コロナワクチンへのアクセスや配布についての不公平の平準化に向けた検討が報告されている。歴史的な権力や資源の不均衡と密接に結びついて、富める国と貧しい国との間の差別に繋がってはならないと強調。配布の公平性、透明性を確保して、コミュニティ…

新型コロナウイルス感染症を減らすための公衆衛生対策を進めるための課題を調査した研究

新型コロナウイルス感染症を減らすための公衆衛生対策を進めるための課題を調査した研究が報告されている。公衆衛生対策について年齢や現在の行動によってとらえ方が異なっており、ターゲットを絞ったコミュニケーションが重要であると指摘している。 2021年…

新型コロナウイルス制御のためのワクチン接種における障壁とは

新型コロナウイルス制御のためのワクチン接種における障壁とは何かについての総説が報告されている。障壁は構造に関連した障壁と、態度に関連した障壁があると説明している。構造に関連した障壁とは、時間、交通手段、費用、場所の問題。態度に関連した障壁…

オーストリアにおけるワクチンの躊躇と接種拒否の理解に関する分析

オーストリアにおけるワクチンの躊躇と接種拒否の理解に関する分析が報告されている。オーストリアでは1~11%の保護者がワクチン接種を拒否しており、それ以上の割合に躊躇する人もいると説明。躊躇する主な要因はほとんど分かっていないとする。調査実施に…

米国におけるmRNA新型コロナウイルス感染症ワクチン投与後のアナフィラキシーの研究

米国におけるmRNA新型コロナウイルス感染症ワクチン投与後のアナフィラキシーの研究が報告されている。 米国食品医薬品局(FDA)は2つのmRNAベースワクチンの緊急使用許可(EUA)を発行。ファイザー・バイオンテック(EUAは12月11日発行、2回接種、3週間間隔…

新型コロナウイルス感染症ワクチン接種意向の予測因子についての研究

新型コロナウイルス感染症ワクチン接種意向の予測因子についての研究が報告されている。ワクチン接種意向の有意な予測因子は、「一般的なワクチン知識」「ワクチン陰謀の拒否」「新型コロナワクチン感染症についての重症度の認識」「インフルエンザワクチン…

新型コロナウイルス感染症ワクチン拒絶反応をいかに平坦化するのか国際的な比較についての研究

新型コロナウイルス感染症ワクチン拒絶反応をいかに平坦化するのか国際的な比較についての研究が報告されている。ワウチンの拒絶反応についてポーランドの1066人を調査して、ポーランドではワクチンの接種に消極的。20カ国を対象とした調査では拒否率の低い…

新型コロナウイルス感染症ワクチンの懐疑論の根底にある要因についての分析

新型コロナウイルス感染症ワクチンの懐疑論の根底にある要因についての分析が報告されている。政治的な相違に加えて、大きく2つが提示されており、一つは、科学的なプロセスの欠如による理由。ワクチン自体ではなく、その前にフェイスマスクについて有効性の…

新型コロナウイルス感染症ワクチンへの躊躇に関して米国が克服すべき課題をまとめた研究

新型コロナウイルス感染症ワクチンへの躊躇に関して米国が克服すべき課題をまとめた研究が報告されている。ワクチンへの躊躇は、コミュニティーを危険にさらすことになると指摘。多くの個人は不信感を持ち、ワクチンの受け入れ体制がうまくできていない状況…

日本癌学会喫煙対策委員会、喫煙の健康への影響について注目文献の定期的な紹介を開始

日本癌学会喫煙対策委員会、喫煙の健康への影響について注目文献の定期的な紹介を開始。新型たばこを含めて、喫煙とがんを始めとする健康にまつわる国内外の様々な研究結果について扱っていくとしている。1~2編ずつ紹介するとしており、このたび新型コロナ…

英国と米国における新型コロナウイルス感染症のワクチンについての誤情報が接種意向に与える影響を測定した研究

英国と米国における新型コロナウイルス感染症のワクチンについての誤情報が接種意向に与える影響を測定した研究が報告されている。英国と米国(2020年9月現在)では、集団免疫に必要とされる以上にワクチンを「確実に」接種する人は少ないと指摘。誤った情報…

米国における医療従事者のワクチン受容性についての研究

米国における医療従事者のワクチン受容性についての研究が報告されている。 データは2020年10月7日~11月9日の間に収集して、4080件の回答を得ている。36%はワクチンが入手可能になったらすぐに接種を希望。56%はよくわからない、またはより多くのデータを…

新型コロナウイルス感染症パンデミックにおけるイノベーションシステムの変化を指摘する研究

新型コロナウイルス感染症パンデミックにおけるイノベーションシステムの変化を指摘する研究が報告されている。パンデミック前は、政府は基礎研究を支援するプッシュの資金提供をして、民間企業は特許からのプルのインセンティブをもってイノベーションが導…

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を進める上での課題を考察した研究

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を進める上での課題を考察した研究が報告されている。米国ではワクチン接種を受け入れる環境が不十分になっていると指摘。科学的な情報の提供が重要と指摘する。有害事象が起きた場合に因果関係があるのか偶然なのか…

新型コロナウイルス感染症のワクチンを受け入れる上で大切な要素を分析した研究

新型コロナウイルス感染症のワクチンを受け入れる上で大切な要素を分析した研究が報告されている。新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種意向を予測するために、新型コロナウイルス感染症のリスク認知と、ワクチンの安全性認知の役割を調査。新型コロナ…

新型コロナウイルス感染症の非劣性試験の可能性のついての研究

新型コロナウイルス感染症の非劣性試験の可能性のついての研究が報告されている。プラセボ対照ランダム化比較試験は難しい可能性があると指摘。既存のワクチンとの比較を検討する必要性について述べている。そのための非劣性マージンの求め方について提案す…

「感染症法の改正法案に関して」とした理事長アナウンスメントを日本結核・非結核性抗酸菌症学会が報告

「感染症法の改正法案に関して」とした理事長アナウンスメントを日本結核・非結核性抗酸菌症学会が1月27日に報告した。 平時からの病床確保、入院勧告違反や逃亡に対する罰則規定への人権保護での懸念について意見を示している。 感染症法の改正法案に関して…

「新型コロナウイルス感染症の流行拡大から子どもの生活を守りましょう」と日本小児科学会が提言

「新型コロナウイルス感染症の流行拡大から子どもの生活を守りましょう」と日本小児科学会が提言。次の4点から子どもの権利保護などを求めている。 保育所・幼稚園・学校での生活を維持しましょう。 乳幼児健診や予防接種を継続しましょう。 子どもを感染か…

COVID-19ワクチンに関する提言(第1版)を日本感染症学会が報告

COVID-19ワクチンに関する提言(第1版)を日本感染症学会が2020年12月28日に報告している。 「海外で接種が開始されたCOVID-19ワクチンついて、その有効性と安全性に関する科学的な情報を解説し、接種を判断する際の参考にしていただくために作成」と趣旨を…

「変異「種」の誤用」について日本感染症学会が報告

「変異「種」の誤用」について日本感染症学会が報告している。 「国内の報道においては、変異“種”という表現が一部報道機関で統一して用いられているようですが、これは学術的には誤用となりますので、今後は変異“株”と正しく表記していただきたくお願い申し…

「日本版敗血症診療ガイドライン2020(J-SSCG2020)特別編 COVID-19薬物療法に関するRapid/Living recommendations第3.0版改訂」報告

「日本版敗血症診療ガイドライン2020(J-SSCG2020)特別編 COVID-19薬物療法に関するRapid/Living recommendations第3.0版改訂」を、日本集中治療学会と日本救急医学会による日本版敗血症診療ガイドライン(J-SSCG)2020 特別委員会が報告している。 www.jsi…

「子どもおよび子どもにかかわる業務従事者のマスク着用の考え方」、日本小児科学会が示す

「子どもおよび子どもにかかわる業務従事者のマスク着用の考え方」を、日本小児科学会が示している。 要旨として2点を示し、その考え方を説明している。 子ども(特に2歳未満や障害のある場合)のマスク着用には、誤嚥や窒息などの危険性があるため注意が必…

新型コロナワクチンの潜在的な受容性に関する世界的な調査(2020年10月)

新型コロナワクチンの潜在的な受容性に関する世界的な調査が報告されている(2020年10月)。19カ国1万3426人を対象に調査。71.5%がワクチンを受ける可能性が非常に高いか、やや高いと回答。受ける可能性の差は、ほぼ90%(中国)から55%未満(ロシア)まで…

新型コロナワクチン接種に対する米国の医療従事者の態度を評価した研究

新型コロナワクチン接種に対する米国の医療従事者の態度を評価した研究が報告されている。2020年11月23日から2020年12月5日までの間に医療従事者5287人を対象に調査。約8割が医師と研究医。全体では57.5%の人がCOVID-19ワクチンの接種意思を表明。患者のケ…

ワクチン接種に対する医療従事者の意識調査

ワクチン接種に対する医療従事者の意識調査が報告されている。フランスおよびベルギーとカナダのフランス語圏で行われたもの。2020年10月と11月に、フランス、フランス語圏のベルギー、カナダのケベック州で一般集団予防接種に携わる医療従事者2678人を対象…

パンデミック進行に伴い、新型コロナワクチン接種への意欲はどう変化するかの分析

パンデミック進行に伴い、新型コロナワクチン接種への意欲はどう変化するかの分析が報告されている。2020年4月と8月に合計2343人を対象に調査。4月(87%)と8月(85%)の間にワクチン接種意欲はわずかに低下したが有意ではなかった。学歴が関連して大卒で…

新型コロナウイルスのワクチン接種戦略を成功させるために重要な点について報告

新型コロナウイルスのワクチン接種戦略を成功させるために重要な点について報告されている。2020年5月のオンライン調査で65%がワクチン接種の意欲があると回答。27%が「たぶん」と回答。2020年11月に参加者の一部を対象に再調査。ワクチン接種の意欲がある…

香港における局地的流行の波の違いによる労働者の新型コロナワクチン接種意向の変化とワクチンを避ける理由についての研究

香港における局地的流行の波の違いによる労働者の新型コロナワクチン接種意向の変化とワクチンを避ける理由についての研究が報告されている。2020年の局所流行の第1波(2月)と第3波(8月~9月)の間に2回のオンライン調査を実施。ワクチン接種意向は、第1波…