株式会社ステラ・メディックス エビデンス ウェブサイト

株式会社ステラ・メディックスが医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの論文情報を収集します

新型コロナウイルス感染症の重症化に補体と凝固の系が関連

新型コロナウイルス感染症の重症化に補体と凝固の系が関連。年齢、性別、喫煙歴によらず、黄斑変性と凝固疾患の病歴が新型コロナウイルス感染症の重症化や死亡率と関連していると確認。鼻咽頭スワブの検査から、1型インターフェロンやIL6という炎症指標のほか、補体と凝固系のパスウェイの関連も確認。関連した遺伝子座、eQTLとsQTLの変異が関係。遺伝子発現が感染の影響を知るためのマーカーになる可能性。2020年米国研究。

Ramlall V, Thangaraj PM, Meydan C, et al. Immune complement and coagulation dysfunction in adverse outcomes of SARS-CoV-2 infection [published online ahead of print, 2020 Aug 3]. Nat Med. 2020;10.1038/s41591-020-1021-2. doi:10.1038/s41591-020-1021-2

新型コロナウイルス感染症

新型コロナウイルス感染症