株式会社ステラ・メディックス エビデンス ウェブサイト

株式会社ステラ・メディックスが医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの論文情報を収集します

C型肝炎とB型肝炎の治療ガイドラインを改訂、日本肝臓学会

C型肝炎とB型肝炎の治療ガイドラインを改訂したことを日本肝臓学会が報告した。

2019年8月にグレカプレビル水和物/ピブレンタスビル配合錠が12歳以上の小児に対して適応承認されたことを受けて、小児C型肝炎に関する記載を追加。

B型肝炎については、治療フローチャートに2017年2月に発売された核酸アナログ製剤のテノホビル・アラフェナミド(TAF)を取り入れたほか、日常臨床で問題になっている核酸アナログ製剤効果不良例についての対策の詳細を記載している。

高感度HBs抗原測定が臨床現場に浸透しており、B型肝炎再活性化ガイドラインも改訂した。この改訂については、日本肝臓学会に加え、日本リウマチ学会、日本血液学会、日本臨床腫瘍学会など関連学会から改訂案についてのパブリックコメントを募集。コメントの内容を反映させた。

www.jsh.or.jp

www.jsh.or.jp

学会

学会