株式会社ステラ・メディックス エビデンス ウェブサイト

株式会社ステラ・メディックスが医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの論文情報を収集します

3CLプロテアーゼ阻害薬などプロテアーゼ阻害効果を応用した新型コロナウイルスの治療薬の開発が進む

3CLプロテアーゼ阻害薬などプロテアーゼ阻害効果を応用した新型コロナウイルスの治療薬の開発が進む。

小野薬品工業のカモスタットメシル酸塩はプロテアーゼ阻害薬で、新型コロナウイルス感染症の治療効果の検証が進んでいる。プロテアーゼ阻害作用を応用する動きがほかにも広がっている。3CLプロテアーゼと呼ばれるタンパク質分解酵素をウイルスが増殖のために利用していることに着目し、その阻害薬が治療に応用されようとしている。寄生虫薬のイベルメクチンもプロテアーゼ阻害作用が新型コロナウイルスに効果を発揮する可能性が指摘され、治療効果の検証が進んでいる。

新型コロナウイルス感染症では、特徴的な免疫反応の変化が見られ、その一つとしてインターフェロンの低下がある。インターフェロンの投与によって、新型コロナウイルス感染症の治療につなげようとする動きも増えている。

獣医学分野においてコロナウイルスの治療に関わる研究がかねて進んでおり、人のための医療に応用が進もうとしている。医学と獣医学が協働して、人獣共通感染症に対抗していこうという動きは「ワンメディシン(One Medicine)」と呼ばれて、動きが活発になっている。新型コロナウイルス感染症において見られる開発はまさにそれを象徴するものになっている。

jbpress.ismedia.jp

新型コロナウイルス感染症

新型コロナウイルス感染症