株式会社ステラ・メディックス エビデンス ウェブサイト

株式会社ステラ・メディックスが医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの論文情報を収集します

損傷部位をその場で修復するバイオプリンティング

損傷部位をその場で修復するバイオプリンティング。

内視鏡にも搭載可能な超小型のバイオプリンティングのプラットフォームを開発。人体の内部に入れて、バイオプリンティングによる処理を行おうとしている。電気的、機械的なシステム開発が必要になる。

胃の損傷を治癒させるために2層構造を印刷技術で構成。胃の上皮細胞と平滑筋細胞をバイオインクとして用いて胃壁を人工的に作り出す。10日の細胞培養を経て機能を確認。臨床用も視野に入る。

2020年中国研究。

Zhao W, Xu T. Preliminary engineering for in situ in vivo bioprinting: a novel micro bioprinting platform for in situ in vivo bioprinting at a gastric wound site. Biofabrication. 2020;12(4):045020. Published 2020 Aug 12. doi:10.1088/1758-5090/aba4ff

医療機器

医療機器