株式会社ステラ・メディックス エビデンス ウェブサイト

株式会社ステラ・メディックスが医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの論文情報を収集します

新型コロナウイルスの室内での感染しやすさと湿度との関連を調べた総説

新型コロナウイルスの室内での感染しやすさと湿度との関連を調べた総説。

換気の悪い室内で感染が広がる可能性があるという根拠が出ており、湿度や風、温度などの要素の関与も想定される。湿度の関与についても研究が出ていると情報を整理。40%未満の乾燥した室内ではエアロゾル感染の機会が、湿度90%を超える場所よりも高いと示す研究が出ているとしている。

40~60%の湿度は人にとって快適とされるが、病院、オフィス、公共交通機関での最低限の湿度の設定が重要だと指摘。

2020年8月ドイツ、インド研究。

Ahlawat, A., Wiedensohler, A. and Mishra, S.K. (2020). An Overview on the Role of Relative Humidity in Airborne Transmission of SARS-CoV-2 in Indoor Environments. Aerosol Air Qual. Res. https://doi.org/10.4209/aaqr.2020.06.0302

新型コロナウイルス感染症

新型コロナウイルス感染症