株式会社ステラ・メディックス エビデンス ウェブサイト

株式会社ステラ・メディックスが医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの論文情報を収集します

中国の豚でのクリプトスポリジウムの有病率についての報告

中国の豚でのクリプトスポリジウムの有病率についての報告。システマティックレビューおよびメタアナリシスにより分析をした。クリプトスポリジウムは豚ばかりではなく、人を含めた幅広い宿主を持つ寄生虫の一つ。世界でクリプトスポリジウムの感染について報告されているが、中国の豚でのメタアナリシスはこれが初めて。

研究グループは40の研究を抽出し、ここから中国の豚でのクリプトスポリジウムの有病率を12.2%(3万404頭のうち4349頭)と推定。2010年以降は8.7%(1万8100頭のうち2087頭)。中国北部は47.9%(71頭のうち34頭)に対して、中国南部は6.9%(6445頭のうち778頭)。

下痢の豚では15.6%(384頭のうち74頭)なのに対して、下痢ではない豚では10.8%(2840頭のうち378頭)。そのほか離乳後の子豚、集約型農法よりも粗放型農法で高い傾向が確認された。研究グループは感染症管理の仕組みが必要だと指摘する。

2020年8月中国研究。

Wang W, Gong QL, Zeng A, Li MH, Zhao Q, Ni HB. Prevalence of Cryptosporidium in pigs in China: A systematic review and meta-analysis [published online ahead of print, 2020 Aug 20]. Transbound Emerg Dis. 2020;10.1111/tbed.13806. doi:10.1111/tbed.13806

獣医学

獣医学