株式会社ステラ・メディックス エビデンス ウェブサイト

株式会社ステラ・メディックスが医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの論文情報を収集します

化学療法未治療の転移を伴う去勢抵抗性前立腺がんの男性でのエンザルタミド治療による5年生存予測と安全性についてのPREVAIL試験からの報告

化学療法未治療の転移を伴う去勢抵抗性前立腺がんの男性でのエンザルタミド治療による5年生存率の予測と安全性についてのPREVAIL試験からの報告。

最終の事前指定でのPREVAIL解析としてエンザルタミドの長期でのベネフィットとリスクを評価。

5年時点で、エンザルタミドグループにおいては死亡が17%減少。プラセボグループと比較して、続く治療がドセタキセル、アビラテロン、エンザルタミドの場合の65%、54%、43%。全生存期間の中央値はエンザルタミドグループが36カ月、プラセボグループは31カ月。追跡調査期間の中央値は69カ月。

PSAの減少が5年生存率と関連し、致死的な循環器系イベントとも関連していた。

2020年9月米国、ベルギー、カナダ、オーストラリア、オランダ研究。

Armstrong AJ, Lin P, Tombal B, et al. Five-year Survival Prediction and Safety Outcomes with Enzalutamide in Men with Chemotherapy-naïve Metastatic Castration-resistant Prostate Cancer from the PREVAIL Trial. Eur Urol. 2020;78(3):347-357. doi:10.1016/j.eururo.2020.04.061

男性の健康

男性の健康