株式会社ステラ・メディックス エビデンス ウェブサイト

株式会社ステラ・メディックスが医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの論文情報を収集します

進行性前立腺がんのアビラテロンとエンザルタミドの価値を評価するための臨床的ベネフィット・スケール・マグニチュードの報告

進行性前立腺がんのアビラテロンとエンザルタミドの価値を評価するための臨床的ベネフィット・スケール・マグニチュードの報告。

アビラテロンとエンザルタミドのような新規のホルモン療法が進行性前立腺がんのより早期のステージに用いられるように移行。費用影響のある。研究グループは費用対効果をみるために、ASCOバリュー・フレームワーク(AVF)とESMO臨床的ベネフィット・スケール・マグニチュード(MCBS)を費用対効果を測るために用いる。

転移を伴う去勢抵抗性前立腺がん(mCRPC)と転移を伴う去勢感受性前立腺がん(mCSPC)について分析。

mCRPCとmCSPCのいずれにおいても、AVFとESMO-MCBSに基づいてアビラテロンとエンザルタミドの臨床的ベネフィットを確認。

2020年2月カナダ研究。

Wong SE, Everest L, Jiang DM, Saluja R, Chan KKW, Sridhar SS. Application of the ASCO Value Framework and ESMO Magnitude of Clinical Benefit Scale to Assess the Value of Abiraterone and Enzalutamide in Advanced Prostate Cancer. JCO Oncol Pract. 2020;16(2):e201-e210. doi:10.1200/JOP.19.00421

男性の健康

男性の健康