株式会社ステラ・メディックス エビデンス ウェブサイト

株式会社ステラ・メディックスが医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの論文情報を収集します

若年者の膝関節置換術患者は60歳以上よりも再手術を必要とする可能性が高いとする研究

若年者の膝関節置換術患者は60歳以上よりも再手術を必要とする可能性が高いとする研究が報告されている。

膝関節全置換術(TKA)としても知られる膝関節置換術は、65歳以下の患者の間で増加。ある研究では、2030年までにこの年齢層でのTKAと再置換手術が183%増加する可能性があると予測していると説明する。

高齢の患者集団と比べて臨床成績の悪化、患者満足度の低下、関節の生存率低下が懸念されていると指摘する。

55歳以下の若年患者147人(158膝)と60~75歳の276人(300膝)を対象に、再置換手術や合併症などを検証。

若年の全膝関節置換術患者は2年以内に初回の無菌的再置換術(rtKA)を受ける可能性が高く(52.5% vs 29.0%、P<0.001)、再置換術後早期再手術(17.7% vs 9.7%、P=0.02)、コンポーネント再手術(11.4% vs 6.0%、P<0.05)を受ける可能性も高かった。

研究グループは「要因の組み合わせが失敗のリスクに寄与する可能性がある」と指摘した上で、一般的に若年患者は喫煙率が高く、主な原因となり得ると説明しています。

2020年8月米国研究。

Walker-Santiago R, Tegethoff JD, Ralston WM, Keeney JA. Revision Total Knee Arthroplasty in Young Patients: Higher Early Reoperation and Rerevision. J Arthroplasty. 2020 Aug 31:S0883-5403(20)30961-X. doi: 10.1016/j.arth.2020.08.052. Epub ahead of print. PMID: 32948426.

医療機器

医療機器