株式会社ステラ・メディックス エビデンス ウェブサイト

株式会社ステラ・メディックスが医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの論文情報を収集します

45歳未満の脱毛症に対するフィナステリド使用、自殺行為の有意なリスク上昇を示す研究

毛症に対してフィナステリド使用の45歳未満男性、自殺行為の有意なリスク上昇を示す研究が報告された。

薬剤の副作用に対してより脆弱な可能性のある若い脱毛症患者にフィナステリドを処方する場合に、自殺行為、うつ病、不安のリスクを考慮すべきと示す。ただし、2012年以降にフィナステリドと自殺との関連を示す報告が出始めており、こうした刺激的な報告があった後から偏った結果が出ている可能性がああると指摘。調査をさらに進めるべきだと説明している。

世界保健機関(WHO)の個別の症例安全性報告のグローバルデータベースでフィナステリドを使用して報告された関心のある有害反応のシグナルを検出。関連の強さを調べるために、不均衡分析で使用される関連性のサロゲート尺度、報告オッズ比(ROR)が使われた。

デーベースから、フィナステリド使用者における自殺行為の報告356件と心理的有害事象の報告2926件を分析。フィナステリドにおける自殺行為(ROR1.63)と心理的有害事象(ROR4.33)の有意な不均衡シグナル確認。若年患者(ROR3.47)および脱毛症患者(ROR2.06)では自殺傾向の増加に対する有意な不均衡シグナル確認。高齢の前立腺肥大患者ではそのようなシグナルは検出されなかった。

Nguyen DD, Marchese M, Cone EB, Paciotti M, Basaria S, Bhojani N, Trinh QD. Investigation of Suicidality and Psychological Adverse Events in Patients Treated With Finasteride. JAMA Dermatol. 2020 Nov 11:e203385. doi: 10.1001/jamadermatol.2020.3385. Epub ahead of print. PMID: 33175100; PMCID: PMC7658800.

男性の健康

男性の健康