株式会社ステラ・メディックス エビデンス ウェブサイト

株式会社ステラ・メディックスが医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの論文情報を収集します

日本内科学会が、甲状腺刺激ホルモン(TSH)ハーモナイゼーションの各社の対応が更新されたと報告

日本内科学会が、甲状腺刺激ホルモン(TSH)ハーモナイゼーションの各社の対応が更新されたと報告した。

2020年2月のお知らせにおいて、提言に至る経緯について、「日本医師会が毎年施行している臨床検査精度管理調査結果報告書によると、甲状腺刺激ホルモン(TSH)値は測定キット間変動が大きく、最大をあたえるキット値と最小をあたえるキット値は、最大で 1.6 倍程度の差がある。このような状況の中、国際臨床化学連合(IFCC)甲状腺機能検査標準化委員会(C-STFT)では全世界13社の試薬メーカーのキット間差を解消する取り組み(Phase IV)を始め、成果を国際学術誌(Clin Chem 2017; 63: 1248-60)に発表した。標準化の手法としては、TSH は基準となる測定法がないため、各試薬メーカーの測定値の平均値にそろえるようにした(ハーモナイゼーション)。これを受け、IFCC ハーモナイゼーションの有効性と日本人成人の共通基準範囲の設定を目指し検討を行なった」と説明している。

www.naika.or.jp

学会

学会