株式会社ステラ・メディックス エビデンス ウェブサイト

株式会社ステラ・メディックスが医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの論文情報を収集します

新型コロナウイルスの英国型バリアントなどについての見解

新型コロナウイルスの英国型バリアントなどについての見解。

英国で発生した英国型バリアントについて2020年12月には英国で3分の2を占めたとする。感染効率は通常のウイルスの7割を超える可能性があると説明。再生産数を0.4上昇させる可能性があるとする。スパイクタンパク質のN501Yのほか、スパイク上の23の別個の変異が関与などと説明。ワクチンの効果には影響しない可能性が高いと説明する。現状では2020年2月に欧州で出現したD614G変異が国際的に頻度が高く、研究が求められると説明する。さらに、南アフリカでも別のバリアントが出ており、ワクチンの効果との関係から警戒すべきだと呼びかけている。

2021年2月、イタリア、ギリシャ研究。

Conti P, Caraffa A, Gallenga CE, Kritas SK, Frydas I, Younes A, Di Emidio P, Tetè G, Pregliasco F, Ronconi G. The British variant of the new coronavirus-19 (Sars-Cov-2) should not create a vaccine problem. J Biol Regul Homeost Agents. 2021 Feb 24;35(1). Epub ahead of print. PMID: 33377359.

新型コロナウイルス感染症

新型コロナウイルス感染症