株式会社ステラ・メディックス エビデンス ウェブサイト

株式会社ステラ・メディックスが医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの論文情報を収集します

新型コロナウイルスB.1.1.7のスパイクタンパク質変異が、BNT162b2ワクチン接種後の中和能力に及ぼす影響についての研究

新型コロナウイルスB.1.1.7のスパイクタンパク質変異が、BNT162b2ワクチン接種後の中和能力に及ぼす影響についての研究が報告された。幾何平均抗体価は2.5以上が有効とされる中で、野生株に対する中和力価は24。80歳以上だと、中和力価が低下する可能性。B.1.1.7は変異体は、中和力価が低下。倍数変化は約6。倍数変化の中央値は3.85。

2021年、英国査読前論文。

Impact of SARS-CoV-2 B.1.1.7 Spike variant on neutralisation potency of sera from individuals vaccinated with Pfizer vaccine BNT162b2
DA Collier, B Meng, IATM Ferreira, R Datir, The CITIID-NIHR BioResource COVID-19 Collaboration, N Temperton, A Elmer, N Kingston, B Graves, LE McCoy, KGC Smith, Bradley JR, J Thaventhiram, L Ceron-Gutierrez, G Barcenas-Morales, M Wills, R Doffinger, RK Gupta
medRxiv 2021.01.19.21249840; doi: https://doi.org/10.1101/2021.01.19.21249840

新型コロナウイルス感染症

新型コロナウイルス感染症