株式会社ステラ・メディックス エビデンス ウェブサイト

株式会社ステラ・メディックスが医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの論文情報を収集します

1型糖尿病の日本人を対象としたイプラグリフロジンの第2相無作為化プラセボ対照試験

1型糖尿病の日本人を対象としたイプラグリフロジンの第2相無作為化プラセボ対照試験が報告されている(2019年)。イプラグリフロジン25、50、100mg/日またはプラセボを2週間投与する群に無作為に割り付け。薬理動態学的、薬力学的に評価。尿中グルコース排泄量の増加は、血漿中グルコースの用量依存的な減少につながる。イプラグリフロジンの投与によりインスリンの併用量減少。臨床的に関連する安全性の懸念は認められないという結果に。

2019年、日本研究。

Kaku K, Isaka H, Toyoshima J, Sakatani T. Clinical pharmacology study of ipragliflozin in Japanese patients with type 1 diabetes mellitus: A phase 2, randomized, placebo-controlled trial. Diabetes Obes Metab. 2019 Jun;21(6):1445-1454. doi: 10.1111/dom.13679. Epub 2019 Apr 8. PMID: 30821047; PMCID: PMC6594083.

科学

科学