株式会社ステラ・メディックス エビデンス ウェブサイト

株式会社ステラ・メディックスが医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの論文情報を収集します

無症候性および症候性の新型コロナウイルス感染症の患者に対する抗スパイクタンパク質抗体の高感度検出についての研究

無症候性および症候性の新型コロナウイルス感染症の患者に対する抗スパイクタンパク質抗体の高感度検出についての研究が報告されている。フローサイトメトリーで血漿中の抗体を検出。症状の有無によらず、IgM、IgA、IgGが検出されたが、症候性だとIgG1を中心にすべてのIgGサブクラスが確認されるのに対して、無症候性だとIgG1が支配的なIgGサブクラスになると説明。この手法が感染の検出に使用可能であると指摘する。

2021年、シンガポール研究。

Sensitive detection of total anti-Spike antibodies and isotype switching in asymptomatic and symptomatic COVID-19 patients
Goh, Yun Shan et al.
Cell Reports Medicine, Volume 0, Issue 0, 100193

新型コロナウイルス感染症

新型コロナウイルス感染症